美術と文学の新たな拠り所をめざして!ギャラリーが1番街にオープンしました。


オーナーの金石稔氏が20年来にわたって集めたコレクションを展示し、販売も行うギャラリーが一番街(北1条西2)にオープンしました。
展示作品は木版、エッジングなどの版画に加え、現代美術家紙田彰氏の作品、北見市で創作活動を行っている五十嵐恵津子さんの作品が
常設されています。

14日(金)第1回ギャラリー北彩まつり「絵画と詩と音楽の夕べ」を開催します。こちらから



   

オーナーの金石氏は美術コレクターにとどまらず、自らも詩作を続けています。金石コレクションの重要な一角を占める紙田氏も「詩的絵画」を試行し、また五十嵐さんも自らの作品を語ることをいといません。金石氏はギャラリーのオープンと期を合わせるように、「アート&ポエム【skrɔːl】」を創刊しました。展示作品とともに、氏のギャラリー活動の核を構成するものです。更に、氏はこのギャラリーを美術と文学だけではなく、舞踏や音楽の場にしたいとも考えています。

とはいえ、ギャラリーの敷居は決して高いものではありません。お茶を飲みながら気軽にアートを語る、そんなギャラリーです。いろんな思いを持った人々が集い交わることで、新しい文化の発信地となることが期待されます。


 
 北見市北1条西2丁目(旧表呉服店2F) ギャラリー北彩  営業日は水~土の週4日、営業時間は11時~13時/14時~17時
 電話:090-1526-6811